• カテゴリー別アーカイブ 未分類
  • 自己破産手続き前に訴えられた場合の対処法

    ■破産前に債権者から訴えられることがある

     

    自己破産手続きを行うと決めても実際に手続きを開始する前に債権者から貸金返還訴訟を起こされてしまうことがあります。

     
    債権者には自己破産の準備をしているということが伝わっていなくても支払いが長期間されていないなどの状況によっては支払い不能と見て少しでも回収するためです。

     

     

    自己破産手続きの開始までには必要とする書類も多く時間がかかるためで、基本的に2,3ヶ月は必要とします。

     
    破産手続き自体が開始されてしまえばその種類が管財事件、同時廃止に関わらず判決による強制執行は不可能となります。

     
    また、その後免責が確定した場合も同様に強制執行ができなくなります。

     

     

    ですがもし手続き前に債権者から訴えられてしまい判決がでてしまえば給与など残っている財産を差し押さえられてしまう可能性があります。

     

     

    その場合、本当に生活が苦しくても強制執行されてしまいますので対策を取る必要があります。

     

     

    ■破産手続き開始を早める

     

     

    ・弁護士に急いでもらうよう伝える

     
    急かしたところでやれることは変わらないこともありますが、弁護士に相手から訴訟を起こされたことを伝えることで対策を取ってくれる可能性もあります。

     
    例えばもうすぐ破産開始となるため債権の回収は難しいなどの説得を試みてくれたりです。

     

     

    ・手続きに必要な書類を早く集める

     
    これは元々やっておきたい事ではありますが、自己破産手続きの申し立てに必要な書類を予め、もしくは早めに準備することです。

     

     
    破産手続きの申し立てには住民票から過去2年分の給与明細、その他財産に関係する書類など必要なものが大量にあります。
     
    恐らく弁護士から伝えられ初めて知ることになるでしょう。

     

     

     
    その時点から集めるとなるとかなり時間がかかることもありますので、債権者からの訴訟を受けてしまう可能性も高まります。

     

     

    そのため、給与明細や不動産の書類などはこういった事態とは関係なくとも普段から管理しておく必要があります。

     

     

    ■裁判を長引かせる

     

     

    ・答弁書を出して第一回口頭弁論期日に欠席する
    少し姑息ではありますが、債権者との裁判を長引かせることで破産開始に間に合わせ、強制執行を失効させるという方法です。

     
    訴訟を起こすと訴状が来ることになるのですが、中には答弁書というものが同封されています。

     

     

    これは原告からの主張に対して被告がどのように答えるのかを記載するもので書式は様々です。

     
    答弁書は記載されている期日までに裁判所に提出することになり、提出せずに裁判にも出ないと原告の主張を認めたとみなされ判決が早期にでてしまいます。

     

     

    しかし、答弁書を提出していれば一回目の口頭弁論には出席しなくても次回の弁論まで判決を伸ばすことができます。

     
    二回目はどちらにせよ出席しなければなりません。

     

     

    ・期日の延長を申し出る

     
    裁判の日は裁判所の判断により延期できることがあります。

     
    理由は「体調が悪い」や「裁判の準備に時間がかかる」などで止むを得ないと判断されますと約1週間ほど伸びることもあります。

     

    ・分割支払いで和解する

     

     

     
    どうしても間に合わない場合は和解で分割払いに応じるというのも手です。

     
    その場合破産手続きが開始されれば以降の支払いについては強制執行権がありませんので、自身の財産のダメージは少なく済みます。

     

     

    ・判決について上告する

     
    判決内容が不服だと上告することで再度裁判が行われることがあります。
    基本的に認められることは稀なため難しいと考えていたほうがいいでしょうが、選択肢の一つとして覚えておくといいでしょう。

     

     

    ■申立後の強制執行は否認されることもある

     
    もし判決の結果強制執行を受けることになっても場合によっては否認されるケースもあります。

     
    それは期間としては「債権者が受任通知を受け取った後」「破産手続きの申立後」です。

     

     

    自己破産では、特定の債権だけ優先して返していると免責を受けられない可能性があります。

     
    そのため、そのような場合は不公平さをなくすために強制執行による返還請求が行われることがあります。

     

     

    これは勿論可能性ではあるため、確実ではありませんが、もし破産前に強制執行されてしまってもこのように取り返すことができるかもしれません。

     

     

     

    しかし実際返還されてもその財産は破産財団が管理しますので即自分のものとはならないことも覚えておく必要があります。

     
    破産宣告とは?損をしない自己破産の費用やメリットデメリット解説!



  • お金がなく、常に不安で精神的にきつかったです。

    大学院を中退し、派遣で働き始めた時にお金で苦労しました。

     
    在学中に身体を壊して研究を続けるのが難しくなり、就職のあてもないまま修士課程2年の3月に退学の手続きをしました。
    その後は少し休みながら、学生時代のアルバイト先から在宅の仕事をもらって収入を得ていました。

     

     

    しかし、奨学金を借りていて、その年の秋から返還が始まるということで、急場しのぎにフルタイムで派遣の事務職につきました。

     

    都内でカレンダー通りの勤務日の実働8時間、時給1000円の交通費なしのお仕事でした。
    一人暮らしをしていて、派遣の収入だけでは生活できないため、在宅の仕事を月40時間続けながら働きました。

     

     

    最初は漠然と働きながら就職活動をしようと思っていましたが、想像していたよりも大変でした。

     

    就職活動のために仕事を休むと、一日で8000円の収入が減ってしまうため、簡単には休めませんでした。

     

    3ヶ月目からは社会保険に加入したため、手取りが2万円ほど減り、不安に拍車がかかりました。

     

     

    安定した仕事に就きたいと思いつつも、なんとか派遣の仕事と在宅の仕事を両立させることで手いっぱいになり、結局ほとんど就職活動ができませんでした。

    当時は、体調が悪いのに医療費がもったいなくて病院に行けませんでしたし、冬場には「もしインフルエンザにでもかかった

     

    らそれだけで生活が破綻してしまう」とびくびくとして過ごしました。

     

    また、もし冷蔵庫や洗濯機などの生活必需品の家電が壊れたら買い換えられない……と、お金の不安でいっぱいでした。

     

    新しい服や靴を買うにも、職場に着ていけるオフィスカジュアルのものばかり選んだり、自分のお金なのに自分の自由にできないもどかしさがありました。

     

     

    このように、お金がないことで様々な面で精神的に追い詰められ、物事を前向きに考えられなくなったのが辛かったです。

     

    そのため、収入が多い月でも少ない月でも必ず月に2万円貯金することにしました。

     

     

     

    少しづつ、しかし確実にお金が貯まることで、少し気持ちに余裕ができました。

    今も金銭的に余裕があるとは言えませんが、決まった額の貯金を心がけています。



  • 独立したもののバイトでつないだ数年間!

    お金がないのが恒常化したのは、30才代に入ってからで、夫が自由業で、私も工房を造って独立した後、

     
    収入が不定期になったことでした。この頃には、電気、ガス代が一ヶ月遅れになったこともありました。

     
    仕方がないので、私は自分が作ったアクセサリーを知人の家に売りにいったり様々なことをしました。工房では七宝焼きの教室やら展示会なども行ないましたが、それも不定期なので、お金が足らなくなることは始終でした。

     

     

    余り足らなくなると、単発のアルバイトをしました。軸足は工房に置いていたので定職には付きませんでした。けれど、それも工房の仕事がメインだったので、それ以上の形態は崩さないようにしていました。

     
    お金は何とかまかなってはいましたが、30代の終わり、とうとう病に倒れ42歳で入院手術をしました。この時の入院は、貧血がひどく肝機能、腎機能も低下していました。こんな調子では、手術もできないというので、長いこと入院していなければならず、その分お金もかかりピンチでした。仕方なく、母親に借りました。手術後も、すぐには回復しないため余分に借りました。

     

    手術後三ヶ月後には、アルバイト生活が始まりました。45才の時、夫が地方に仕事を得て、やっと生活は安定しました。

     

     

    このとき、引越し費用としてカード会社から初めてまとまったお金を借りました。これは、一年半位かけてリボ払いで返済しました。

     

     

    今振り返って見ると、若さがあったから出来たのだと思います。いつも、明日は何とかなると信じて疑いませんでした。しかし、病気や体調が悪くなった時、初めて働けないショックに突き当たりました。私は慎重な性格だと思ってきましたが、振り返ってみると、貯金もなく貯金もせず刹那的に生きてこらけたと思うと、若さというものは本当に無鉄砲だったのだと感じるこの頃です。